森林と市民を結ぶ全国の集い2019 in 静岡・掛川


里山の恵みを活かし、分かち合うことを目指す実践地を舞台に、
そこ(里山)で暮らす地域住民と都市(まち)で暮らす住民が、
各々の環境、立場を超えた自由な発想で、
自らの「関わりしろ」(=携わり方)を一緒に考える2日間。

5/31で受付を終了しましたが、一日目全体会のみ追加募集中です。

全体スケジュール

6月15日(土)

13:00
開会式(場所:掛川市立倉真小学校)
基調講演
パネルディスカッション
17:00
歓迎ブースにて地元住民たちによる産直物産販売等開催
18:00
交流会
20:00
解散

6月16日(日)

7:00
掛川市内各宿泊施設出発
森の中で朝食(時ノ寿の森にて羽釜焚き田舎メシ特産倉真米使用)
ワークショップ式エクスカーション(倉真区内にて)
・いのちの森づくりコース
・里山めぐりコース
※グループ別行動で両コースに参加
12:30
昼食(お弁当:野良弁)
13:15
小グループによる対話及び参加者全員による対話
15:00
閉会

※3日目ご参加の方は宿泊施設までお送りします。

オプショナルツアー

15:00
閉会後、この里山にオープンした3件の農家民宿のうちいずれかチェックイン後、ごゆっくりとお寛ぎください。
夕食は各宿にてご用意しております
「B&Bゲストハウス森の駅」‥‥‥たき火を囲んでBBQ
「お里のゲストハウスまつんば」‥手作り新鮮野菜などで共同調理体験
「体験型古民家宿 旅ノ舎」‥‥‥掛川名物いも汁他地元里山料理

6月17日(月)

オプショナルツアー「より深く、より広く地域を学ぶエクスカーション」
※宿泊施設から見学場所までお送りします。

9:00
荒廃森林再生の現場見学(倉真地区)
農家民宿「ゲストハウスまつんば」(2019年5月オープン)見学(倉真地区)
縁側カフェにていっぷく(倉真地区)
世界農業遺産茶草場テラス(2019年5月末、粟ヶ岳山頂にオープン)見学
世界農業遺産「静岡の茶草場農法」茶畑車窓見学(東山・日坂地区)
東海道五十三次日坂宿散策(日坂地区)
13:00頃
掛川駅にて解散

基調講演

演題)「森の価値を最大化する営みをめざして」

内山うちやまたかし

(哲学者/NPO法人森づくりフォーラム代表理事)

1970年代から東京と群馬県の山村、上野村の二重生活を続けながら、在野で、存在論、労働論、自然哲学、時間論において独自の思想を展開する。
2016年3月まで立教大学21世紀社会デザイン研究科教授。
著書に『新・幸福論近現代の次に来るもの』
『森にかよう道』
『「里」という思想』
『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか』
『戦争という仕事』
『文明の災禍』ほか。

パネルディスカッション

コーディネーター

宮林みやばやし茂幸しげゆき

(東京農業大学地域環境科学部地域創成科学科教授)

日本の森林、農山村地域の活用を研究してきた第一人者。
現在も山梨県小菅村、群馬県川場村等をフィールドに都市と里山とのつながりを実践している。
著書に『森林レクリエーションとむらおこし・やまづくり』
『みどりの環境デザイン-植栽による循環型社会の景観創出(共著)』
『現代における民有林経営の課題と展開方向(共著)』ほか

パネリスト

杉村すぎむらごう

(ぴかっと倉真代表)

静岡県掛川市倉真地区出身・在住。生まれ育った倉真を明るくし、子どもたちの笑顔を守り、地域に恩返しをすることを目的に2013年、仲間と共に任意団体「ぴかっと倉真」を立ち上げる。
「納涼祭」の復活、「イルミネーション」イベントの立ち上げなど、地域を盛り上げる行事の企画・運営し、地域内外の人が集う場を生み出している。
三児の父。

山本やまもと美鈴みすず

(㈱山本製作所専務取締役)

静岡県掛川市倉真地区在住・森町出身。地元企業の役員を務めるとともに、地元で子育てをする母である。
また小学生を対象としたキャリア教育や地域活性化事業にも携わる。
2018年度「掛川商工会議所青年部会長」「掛川市中小企業振興条例委員」「男女共同参画事業」「掛川市シティープロモーション会議委員」など地域活動も担う。

森川もりかわ翔太しょうた

(㈱ショータイム代表取締役)

静岡県袋井市出身。東京で出版・広告制作業務に従事し、2015年に株式会社ショータイムを設立。世界農業遺産に認定されている伝統農法「茶草場農法」のメッカである掛川市東山を拠点に、大ヒット商品「チャバコ」を手がける他、既成概念にとらわれることのない発想と手法で静岡の茶業界の振興を図っている。

中西なかにし実和みわ

(㈱森へ代表取締役)

東京都在住。大手通信会社に長年勤めた経験から、企業やビジネスに従事している人ほど、森に触れることの必要性を感じ、2014年、仲間と共に、株式会社「森へ」を立ち上げる。
私たち人間が森や自然の智慧から得た気づきや洞察を、日々のビジネスや人生に活かしていくことをミッションに活動している。

ワークショップ式エクスカーション

森づくり・地域づくりの実践地をグループ単位で歩き、地域風土や取組みの実態を肌で感じることで、それぞれの立場で意見を交わし合い自らの自分事として具体的な行動を起こしえる「関わりしろ」を探ります。
※グループ別行動で漁コースに参加(マイクロバスで移動)

ファシリテーター

天野あまの浩史ひろふみ

(NPO法人静岡フューチャーセンター・サポートネットESUNE代表理事)
静岡県菊川市在住・愛知県出身。大学在学時に菊川市倉沢の棚田の保全活動に関わって以来、地域づくりの推進に従事。2016年、NPO法人静岡フューチャーセンター・サポートネットESUNEを設立。
「未来を描く、つくる、育てる」をコンセプトに、行政・企業・NPOなど多様な人材の社会参加支援、法人向け教育プログラムの企画開発、地域プロジェクトの伴走支援に取り組む。

A.いのちの森づくりコース

場所:時ノ寿の森

  1. 森の中で朝ごはん(時ノ寿の森にて羽釜炊き田舎メシ特産倉真米使用)
  2. 時ノ寿スタッフによるガイド付フィールド散策
  3. 森林を活用した活動紹介
    (森のようちえん、森の恵み石けん、ゲストハウス、手作り木のおもちゃ等)

B.里山めぐりコース

場所:掛川市倉真地区各所

  1. 祭り屋台小屋にて村祭り体験ツアーの紹介
  2. 茶畑にて倉真製茶(株)の取組み紹介(茶摘み体験含む)
  3. 農園にて地元お母さんグループの野菜づくり紹介

アクセス

実施主体

主催
「森林と市民を結ぶ全国の集い2019 in 静岡・掛川」実行委員会
 公益社団法人国土緑化推進機構
後援
林野庁/静岡県/掛川市/全国知事会/全国市長会/全国町村会/美しい森林づくり全国推進会議/全国森林組合連合会/静岡県森林組合連合会/一般社団法人日本林業協会/公益財団法人静岡県グリーンバンク/公益社団法人大日本報徳社/

「森林と市民を結ぶ全国の集い2019in静岡・掛川」実行委員会 構成団体

 掛川市・倉真地区まちづくり協議会・公益社団法人大日本報徳社・一般社団法人倉真報徳社
 掛川市林業研究会・掛川市森林組合・小関建設株式会社・一般財団法人森林環境整備財団
 公益社団法人国土緑化推進機構・NPO法人森づくりフォーラム
事務局:NPO法人時ノ寿の森クラブ

お申込み・お問合せ

下記の申込みフォームよりお申し込みください。
「森林と市民を結ぶ全国の集い2019 in 静岡・掛川」実行委員会 事務局:NPO法人時ノ寿の森クラブ
TEL・FAX:0537-28-0082/mail:info@tokinosunomori.com
締め切り:5月31日(金)

5/31で受付を終了しましたが、一日目全体会のみ追加募集中です。

定員:300人


※共通のご案内

  1. 宿泊について
    1泊目は倉真温泉、掛川駅周辺旅館をそれぞれ各数軒づつご用意致します。
    お部屋は男女別の相部屋利用ですが、個室をご希望の場合、部屋数に限りがある為、お早めにお申込みください。
    2泊目は農家民宿3軒に分宿でご案内します。お部屋は原則相部屋ですが、お申込人数次第で個室もご用意できます。
    1、2泊とも確定宿は事務局にて割振りし、7日前を目途にご宿泊希望のお客さまへEmaiにてご案内致します。
  2. 食事について
    1日目は交流会にご参加のお客様は夕食として地元掛川の郷土料理などをご用意します。
    2日目はエクスカーションにご参加のお客様は朝食で時ノ寿の森にて簡単な田舎ごはんを、昼食で倉真地区生涯学習センターにて弁当をご用意します。
    また、3日間コースのお客様は2日目の夕食、3日目の朝食は各宿にてご用意致します。
  3. 参加条件について
    年齢制限など特段ご参加にあたっての条件は設けておりません。但し宿泊を要するコースの場合、18歳以下のお客様は父兄による承認書が必要です。